July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

青森にて調査開始

13日からいよいよ調査を開始。
調査の前段階として、データベースを検索して目星をつけるも、実際に見てみると
データベースの写真ではわからなかった「イイモノ」があって、結局多くのものを
開いてみてしまう。

13日 9:30〜17:00 津軽こぎん刺し
14日 10:00〜17:00 染こぎん、二重刺しこぎん
15日 10:00〜17:00 南部菱刺し、つづれ刺し、(たっつけ、マタワレなど)
16日 13:00〜17:00 南部菱刺し前だれ
17日 11:00〜17:00 蚊帳、麻肌着など

 
二重刺し 染めこぎん    菱刺し

津軽こぎん刺しは、紺(藍)の麻布に白の木綿糸で、模様を刺したもので、
(古くは麻布に、麻糸で刺していたらしい)、東こぎん、西こぎん、三縞こぎんと
3種類ある。
それらのこぎんがすり切れたり、いたんでくると、それを再び藍で染めて染こぎん
にし、こぎん刺しの上からさらに白糸で模様を刺すものを二重刺しという。
この2種類は、年配の方が着るそう。

藍色に白糸のこぎんはコントラストがはっきりしていながらも、素材や刺しのリズム
からか、素朴な味わいがある。
染めこぎんの中には、何度も洗濯して晒されたからか、麻の艶がでていて黒光りして
いるものもある。 
二重刺しのこぎんは、白の刺し模様の上から白い木綿糸で刺すことで、全体がほぼ
白糸でうめつくされる。
白い糸の刺し模様の隙間から藍の下地がかろうじて見え、元の模様がなんとなく浮
かび上がる様子が美しい。

調査をしていると、展示のことも考えなければならないのに、モノにはまりこんでし
まう。
収蔵品を開いてみているとほんとに立派な刺しがほどこされたものは、これまでの
企画展でも公開されていて納得する。
しかし、こぎん刺しの資料として提示するには選ばれていないモノも沢山あって、
その中には、目にすると想像、空想の世界へとひっぱられてしまうモノもある。

観ていると展示のアイディアがわいてきて、3つくらい展示企画ができそうな気に
なるけれど、いざ具体的に考えるとなかなか悩んでしまう。

5日間は、ほんとうにあっという間に過ぎてしまった。
青森滞在はあと1週間。

 

 

2012夏―大阪〜十日町(新潟)

 今年の夏、2013年2月にACACにて開催される展覧会の為の調査で再び青森の地に。
今回は、新潟(十日町)で染織素材の為の展覧会でおこなわれるWSに参加するため、
新潟経由で青森まで。
大阪―新潟 車
   新潟に2泊(
三省ハウスに滞在)
新潟ー秋田 フェリー
秋田―青森 車

このWSではずっと気になっていた「編布(あんぎん)」、麻を栽培している農家の
方の話、麻素材を研究されている先生の講演、染織WSなど、内容が充実したものば
かりで、とても勉強になった。

 
あんぎん編み途中

そもそも十日町でのWSは大阪からだと遠いので参加するのは難しいと思っていた。
けれど、青森に行くことも決まっていたので、思い切って予定に組み込む。
なぜなら青森での調査は津軽こぎんや南部刺し、裂き織りのものを調査しようと思
っていたので、麻素材のことについて、少しでも詳しく勉強したかったからである。
この思い切りが功を奏して今まで見えていなかった麻素材にまつわるいろいろを見
る機会となった。
特に、大麻、苧麻の素材の織物を触り、鑑賞しながらお話を聞けたのは何よりの
収穫。ほんとにこのときに感謝すべきは、他の参加者の方が親切に、ライトスコ
ープなるものをを貸して下さったこと。このおかげでこれまで知らなかった麻素
材の一面を見た。(後日早速ライトスコープを購入)
青森へ向かう導入としてはとてもいい時間を過ごした。
また宿泊した三省ハウスは元小学校を宿泊施設に改装した建物で、一人でも快適に
時間を過ごせた。食事は野菜中心で、新潟だけにごはんもおいしい。

 

十日町から新潟港までは車で3時間くらい。
道中、車のフロントガラスの向こうに花火があがり、感動。
幸先のよい感じがして励まされた。

 

クテ打組紐

クテ打組紐はループ状にした紐を指や手を使ってつくる組紐。
先生にご指導いただきながら、三基本組紐のサンプルをつくる。
5ループの糸を、規則的に組んでいく。
組み方は2種類。
その2種類を 開ー閉 という。
この2種類をそれぞれを繰り返す方法と、開と閉を交互に組む方法の3種類。
シンプルだけど、組み方、色の組み合わせ方でいろんなバリエーションの紐ができる。

古くは古墳時代からあったのではないかという説がある。
そして、世界各地に同じ技法でつくられた紐もあるらしい。

シンプルな技法で手か慣れてくるとリズムが生まれ、集中力が増す。
しかし、そのリズムに流されるとふと我にかえったときに、手元がくるい柄がずれてしまう。




 

 

 


こちらは津軽に伝わる赤子が生まれたときに手首や足首につける紐。
同じ技法で作られた物。


2011年12月 作品展示@京都

博士課程最終審査作品展
期間:2011/12/7-14
場所:京都市立芸術大学 大学会館ホール

会場内に音声:こちら
(you tube)


《妹からのてがみ》









《あるものがたり》





《記憶の棲殻(スミカ)》










《妹からのてがみ》 2009年
ジュートロープ(黄麻)、刺繍枠、針、蜜蝋、鉄製フック、映像(静止画)、
ニッティング、マクラメ、カーボン紙にて転写
サイズ可変

《あるものがたり》 2010年
ジュートロープ(黄麻)、絹糸、女性の声
オリジナルテクニック
40×127×9cm

《記憶の棲殻》 2010年
ジュートロープ(黄麻)、石膏、女性の声
ニッティング、マクラメ
サイズ可変

写真撮影:福永一夫
copy right: Haji OH

記録動画はこちらから YouTube

「編み物をほどく/ほぐす」WS@みどり苑

 「編み物をほどく/ほぐす」WSを2月に2回開催しました。
場所はみどり苑という山王地域在宅サービスステーション
参加者は地域の方対象で現在はほとんどが中高年の方。
デイサービスにこられた方も参加してくださっています。
このWSは、単にセーターや、マフラーなど、手編みや既製品の編み物をほどき、糸玉(素材)にもどしていくというWSです。


(こちらは既製品のカーディガン)

作品をつくっていると、どのような素材をどのように入手するのかというのは大切だと日々感じます。今回のBreaker Projectでは特に、地域密着型のプロジェクトなので、いつものように素材を購入して、インスタレーションの作品をつくって設置するというのでは、何か違うと思い、どんなことができるのか、ここでしかできないことをやってみようと取り組みはじめました。

 
三色の糸を交互に編んだ手編みのマフラーをほどく。


三色(本)セットでかせに。


こちら、元は緑色の腹巻きをほどき、かせにして蒸しています。


そこでとにかく作品の素材を町から集めてみよう。という考えから始まりました。
関心があるのは「記憶」なのですが、さて、「記憶」をどのように集めるのか。
話しを聞くというのも一つ。
しかし、ただ聞き取りをするというのは、何か違う。
見知らぬ私が聞いたとしても、なかなか難しいだろうし。

そこで、考えついたのが、記憶と共にある衣服。
その中でも「編み物」に注目しました。

素材を集めつつ、いろいろお話をきけるような空間をつくれたらと思いWSをはじめました。
手を動かしながら、何気なく出てくる会話。
まだ2回目で、私も準備におわれてあっぷあっぷですが、参加者の方々からいろいろなお話を聞いています。。
WSはだいたい、何か作り方を教えてくれると思っている方が多く(当然かもしれませんが。。。)
「ただほどくだけ?で、何するん?」と言われることもあります。
そこはまだプランを考え中ということもあり、「とにかく今は、素材集めをしてるんです。」と言ってます。
そこで帰られる方もいますが、ただほどくだけの作業を楽しんで下さる方もいらっしゃいます。

作るわけではなく、ほどく作業は、ただ手を動かして話しをするのにちょうどいい作業。
以外とほどくことに夢中になることも。
参加された多くの方は、「昔やったわ。というよりやらされたわ。」と懐かしい様子。
手を動かしながらだと、会話もはずむ。
昔の話しやら、食べ物の話しやら。

まだ、到達点は見えていませんが、この過程を重ねることで見えてくること。
きっとあるんじゃないかと思っています。

次回のWSは3/1(木)
長期的に進めていくプロジェクトですので、お手伝いして下さるサポートスタッフを募集しています。
詳細は
こちら 

Breaker Project-始動!

昨年からお話をいただいていましたが、本格的にプロジェクトを始動していきます。

Breaker Project-
新世界・西成周辺を活動拠点に行われているアートプロジェクト。
 地域資源(空家や空き店舗など)を活用した創造活動拠点を創出。アーティストの制作、実験の場、また誰もがアクセス可能な共有の場づくりと、地域に根ざした表現活動の持続可能なしくみづくりに取り組みます。(Breaker Projectサイトより)

今回のプロジェクトでは、織物のワークショップを主体にしていきます。
織物のワークショップをすると、一日だと時間が足りなといつも感じます。
きっと参加してくださる方もそう思ってるんじゃないかと思います。
せっかく地元大阪でのプロジェクトなので、単発ではなく時間をかけて地域の方たちと関わりながら、生まれてくるものをカタチづくれたらと思っています。

内容はこれから徐々に方向性を見つけていくつもりです。
まさに実験的。

まずは、「セーターをほどく」というワークショップをします。
といっても解くだけなんですけど。
解いたものを今後の織物の材料にする予定です。

セーターをほどきながら、そこに染み付いた記憶をほどいていく、その糸からまた織物をつくって「今」を織込んでいく。その時間の積み重ねはまたあらたな記憶へと繋がっていく。

そんなイメージです。
さて、どうなっていくのか。
私も楽しみです。

紐を織るWSのお知らせとゆびぬき

加賀手まり−ゆびぬき−

金沢での展覧会のおかげで、金沢への道はずいぶん把握しました。
先月末も、金沢へ
おみやげに、加賀手まりのゆびぬきを買ってくれるというので、

お店−毬屋−までいってきました。
糸が規則的に刺繍されて、綺麗な幾何学的な模様をつくっています。

やっぱり、作り方。気になります。

ということで、実物ではなく、作り方のキットを買ってもらいました。
帰宅後、
二人でチクチクと、ゆびぬきを完成させた。

青×白のは相方作
青×赤は私作

相方もなかなかの腕前で、驚きました。


201110020306000.jpg 201110020952000.jpg

ゆびぬき                自分へのおみやげに購入した針山


今週末も金沢へ
−身体を使って織る紐−
というWSをやりにいきます。
http://www.kanazawa21.jp/data_list.php?g=29&d=1252

 

Inner Voices-内なる声ー展 はじまりました

Inner Voices-内なる声ー展 @金沢21世紀美術館がはじまりました。

搬入、オープニング、そしてアーティストトークも無事に終えて大阪に戻ってきました。
準備期間が短かったので、どうなることやら、すごく心配だったけれど、
やっぱり展覧会初日はやってくるんですね。
美術館スタッフのプロフェッショナルな仕事に感動して、とても勉強になりました。
そして、一緒に参加している作家のみなさんの作品も、ほんとうにすばらしくて、
制作に真摯に向き合っているのがとてもよく伝わって、
キュレーターさんたちの、細やかなお心遣いのおかげもあって、オープニングが終わって、さよならするのが、名残惜しかったな。
でも、またどこかで会おうね。といいながら、
数日だけど、準備とオープニングを共に過ごせた時間がとても大切な時間となった。

そして、なにより、オープニングの日に、友人のfunai misaさんがはるばるやってきてくれた。
彼女が言ってくれる作品の感想や、意見、質問は、いつも的確で、作家友達の言ってくれることは、ほんとうに大切だなと思う。
これからもお互いに、制作の話をいろいろしたいし、また一緒に展覧会もしたいな。

私が大学で制作を始めた頃は、多くの人に伝わるモノを、というよりも、友人達に何か伝わればいいなという気持ちで制作をしていたけれど、今回は、多くの鑑賞者が、その延長線上にあるのかもしれないと、実感することができた。それは、今回この展覧会を企画されたキュレーターさんのおかげだと思う。

今回一緒に展示した作家さんたちに出会って、彼女たちの作品にふれて、日々感じること、考えること、手を動かすこと、あらためて大切にしなきゃなと思う。

*オープニングを終えたあと、キューレーターさんが、控え室においていた赤い花のブーケを一つずつ作家達に手渡してくれた。スモモの実が付いた甘酸っぱい香りのするブーケ。

 IMG_7964.jpg

 

Please check more information here↓
21st century Museum of Contemporary Art, Kanazawa



展覧会「Inner Voices-内なる声ー」
金沢21世紀美術館
2011/07/30-11/6

世界の中に自分の居場所を見つけていく過程で作り上げら​れるアイデンティティを、人々はどのように引き受けてい​くのでしょうか。多様な表現を以て時代に向き合う現代美​術の作家の中で、自己への縛りをはねのけて自分にとって​可能な道を探し続けようという意欲は、女性の作家たちに​強く見受けられます。なぜなら、既存の価値観や古い現実​のパラダイムを脱し、もうひとつの現実を自ら作り出すこ​とは、権威や通念から自由であろうとすることー自己決定​の自由の獲得が、女性にとっては重要なことだからです。

本展は、経済成長とともにグローバル化の波を受けてきた​1960年代以降に生まれた女性作家たちに注目し、生の​困難さと可能性の両面を人間に見る、彼女たちのInne​r Voicesー内なる声に耳を傾けます。彼女たちは通説​的に「女性的」であることを示すイメージや価値に対して​、あるいは差異によって起きることへの誤解や無理解を、​対立や抵抗ではないかたちで乗り越えようとしています。​芸術表現において自由であることが、女性にとってのみな​らず、世界において同程度に普遍的で重要であることも彼​女たちの実践=作品が示してくれることでしょう。(金沢21世紀美術館ホー​ムページより)

梱包終了

本日無事に梱包終えて、作品を送り出す。
明日にはもう到着する。
私は25日にサンダーバードに乗って金沢まで。
はあ。どきどきする〜。
搬入がんばってきます!


201107231206000.jpg

音を紡ぐ―ワークショップ

今年の前期に、某大学の授業で行ったワークショップ(WS)
「音を紡ぐー織物ー」
琴演奏家、今西玲子さんの
「float- sleeper hallucination-」という曲をお借りして、この音の印象から、織物をつくるというWS

時間の制限があったので、WS実施一週間前に曲を配り、一週間、一日一回、この曲を聴いた印象をスケッチ(絵or言葉)して、WS当日に持参してもらい、そのスケッチをもとに10名くらいのグループで、織物をつくってもらった。

10分ほどの曲を3部に分け、約10名×3班、クラス全体で、一曲分の織物をつくる。

布をつくる為に織るのではなく、経糸を時間軸と見立てて、音を紡いで織込み、織物で楽譜をつくる。

れいこさんの曲は、琴の音が余韻を残し、何層にも重なりあって、抽象的でとてもイマジネーションをかき立てられる。

学生たちも、自由に曲を解釈し、織物に託していた。

糸を紡ぐ、織るという動作は、手を道具にした巧妙な技術に基づいた行為。
アンドレ・ルロワ=グーランによると、技術とは「記憶によって提示され、脳と物質環境のあいだで生み出され」、連鎖的に組織された「身ぶりと道具」のことである。

手を道具とした技術を用いて、音から感じた世界観を行為の痕跡―織物ーで表現する、というプリミティブな行為をやってみる、というのがテーマ。

学生達は、はじめは慣れない手つきながらも、時間が進むにつれ、作業に没頭しているようだった。

最後の鑑賞の時間には、前に作品を展示して、照明をあて、曲を聴きながらの鑑賞。
さっきまで織っていたものが、展示した瞬間、立ち現れてくるものがある。
あの瞬間のグッとくる感じ。みんな感じてくれている様子だった。

   

  
 
 
<<back|<1234567>|next>>
pagetop