糸・布からはじまる制作のこといろいろ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< きおく手芸館「たんす」オープン | main | 展示記録「針々と、たんたんと」 >>
呉夏枝×青森市所蔵作品展「針々(しんしん)と、たんたんと」
国際芸術センター青森にて、個展を開催します。
 
呉夏枝×青森市所蔵作品展「針々(しんしん)と、たんたんと」

 染織を学び、織る、染める、結ぶ、染めるといった手法を用いて作品を制作する呉夏枝は、衣服や織りの行為を通して女性たちの、無名の人々の、語られなかっ た歴史や時間を浮き彫りにする視点をもった作品を制作しているアーティストです。本プログラムはこうした芸術家の視点を通じて、青森市所蔵の伝統工芸品や 収蔵品を「もう一つの視点」から提示することを試みた展覧会です。今回は、麻織物を中心に、こぎん、さぐり、菱刺しが施され仕事着や肌着、あるいはかやな どといった所有者の時間と歴史を感じさせるような収蔵品と呉夏枝の過去作品および新作の写真作品を展示します。衣服は第二の皮膚であると言わんばかりの身 体のぬくもりすら感じさせるそれらの作品の展示を通し、衣服や布に秘められた名もなき人々の濃密な人生や生活を浮き上がらせます。(国際芸術センター青森のwebより

場所:国際芸術センター青森
日時:2/10-3/17
時間:10:00-18:00

ぜひご高覧ください。
よろしくお願いします。







COMMENT









Trackback URL
http://blog.hajioh.com/trackback/91
TRACKBACK