December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

青森にて調査開始

13日からいよいよ調査を開始。
調査の前段階として、データベースを検索して目星をつけるも、実際に見てみると
データベースの写真ではわからなかった「イイモノ」があって、結局多くのものを
開いてみてしまう。

13日 9:30〜17:00 津軽こぎん刺し
14日 10:00〜17:00 染こぎん、二重刺しこぎん
15日 10:00〜17:00 南部菱刺し、つづれ刺し、(たっつけ、マタワレなど)
16日 13:00〜17:00 南部菱刺し前だれ
17日 11:00〜17:00 蚊帳、麻肌着など

 
二重刺し 染めこぎん    菱刺し

津軽こぎん刺しは、紺(藍)の麻布に白の木綿糸で、模様を刺したもので、
(古くは麻布に、麻糸で刺していたらしい)、東こぎん、西こぎん、三縞こぎんと
3種類ある。
それらのこぎんがすり切れたり、いたんでくると、それを再び藍で染めて染こぎん
にし、こぎん刺しの上からさらに白糸で模様を刺すものを二重刺しという。
この2種類は、年配の方が着るそう。

藍色に白糸のこぎんはコントラストがはっきりしていながらも、素材や刺しのリズム
からか、素朴な味わいがある。
染めこぎんの中には、何度も洗濯して晒されたからか、麻の艶がでていて黒光りして
いるものもある。 
二重刺しのこぎんは、白の刺し模様の上から白い木綿糸で刺すことで、全体がほぼ
白糸でうめつくされる。
白い糸の刺し模様の隙間から藍の下地がかろうじて見え、元の模様がなんとなく浮
かび上がる様子が美しい。

調査をしていると、展示のことも考えなければならないのに、モノにはまりこんでし
まう。
収蔵品を開いてみているとほんとに立派な刺しがほどこされたものは、これまでの
企画展でも公開されていて納得する。
しかし、こぎん刺しの資料として提示するには選ばれていないモノも沢山あって、
その中には、目にすると想像、空想の世界へとひっぱられてしまうモノもある。

観ていると展示のアイディアがわいてきて、3つくらい展示企画ができそうな気に
なるけれど、いざ具体的に考えるとなかなか悩んでしまう。

5日間は、ほんとうにあっという間に過ぎてしまった。
青森滞在はあと1週間。

 

 

comments

   

trackback

pagetop