April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

クテ打組紐

クテ打組紐はループ状にした紐を指や手を使ってつくる組紐。
先生にご指導いただきながら、三基本組紐のサンプルをつくる。
5ループの糸を、規則的に組んでいく。
組み方は2種類。
その2種類を 開ー閉 という。
この2種類をそれぞれを繰り返す方法と、開と閉を交互に組む方法の3種類。
シンプルだけど、組み方、色の組み合わせ方でいろんなバリエーションの紐ができる。

古くは古墳時代からあったのではないかという説がある。
そして、世界各地に同じ技法でつくられた紐もあるらしい。

シンプルな技法で手か慣れてくるとリズムが生まれ、集中力が増す。
しかし、そのリズムに流されるとふと我にかえったときに、手元がくるい柄がずれてしまう。




 

 

 


こちらは津軽に伝わる赤子が生まれたときに手首や足首につける紐。
同じ技法で作られた物。


pagetop