December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

パルガンパジ(赤いズボン)

     


先日、友人のハルモニにが「部屋着にはき。」といって下さったパジ。
ハルモニは、日本でチマ・チョゴリなどの韓服を作るお仕事をされてきたそう。
お宅には、チマ・チョゴリにつかわれる生地があって、私がチマ・チョゴリを作ったことがあるという話しをすると、その大切な生地を分けて下さった。

針仕事をする女性と会うと、無条件に心通うものを感じてしまう。
それは、韓国で、チマ・チョゴリの作り方を教えてくださった先生と会ったときもそうだった。

ハルモニは今、このようにパジをつくって、周囲の親しい人に分けているそう。
濃い色の糸だと、もう見えなくて、ミシンが掛けられないとおっしゃっていた。

          

ハルモニのもっていらっしゃるチマ・チョゴリにつかわれる生地は独特。
現在、韓国にいっても、このような生地で韓服はつくられていない。
一色に染められた生地に、全体にミシン刺繍がはいっている。生地と刺繍糸の色の組み合わせは様々。
友人のハルモニがくださったパジは赤地に赤の刺繍。
私のハルモニが着ていたチマ・チョゴリの中には、白地に白の刺繍のものがあった。
私は、この生地と同じ色の刺繍糸がほどこされた布が特に好き。

刺繍糸に光りがあたり、その光の加減によって、模様が浮かび上がってくる。
チラチラと光るその艶感がいい。

このパジはとても特別なパジである。
女性用のパジは、チマの下に、下着として着られるパジが通常で、このような、チマ・チョゴリをつくる高級な生地でパジをつくることはない。
このような大切な生地をつかって、「部屋着にはき。」といってくださったハルモニ。

「今ではもうこの生地でチマ・チョゴリつくらへんから。この生地いい生地やねんけどな。」
「こうやってパジにして、みんなにくばってんねん。」

とおっしゃっていたハルモニの言葉。そして、その言葉の後につけくわえられた「
自分がいなくなってもパジは残るやろ」とおっしゃった言葉には、そのパジの布に託されたハルモニ思いと共に、もうチマ・チョゴリになることのない生地を自分の手で分かち親しい人に届けたい。という思いが込められている。


ハルモニに会った帰り、府立図書館で
「在日一世の記憶」という本を借りた。



ハルモニ:おばあさん
パジ:ズボン
チマ:スカート
チョゴリ:上着
韓服:韓国の民族衣装の総称


pagetop