糸・布からはじまる制作のこといろいろ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
きおく手芸館「たんす」オープン

2012/12/15 きおく手芸館「たんす」がオープンしました。






=======================================


ご近所のみなさまへ

 

 今日は、お越しくださってありがとうございます。

 今年の2月からみどり苑で『編み物をほどく/ほぐす』ワークショップを行っています呉夏枝(お・はぢ)と申します。「ブレーカープロジェクト」を拠点に2011年から作品制作に取り組んでいます。きおく手芸館「たんす」は、みどり苑でのワークショップによりたくさんの地域の方に参加していただきたい、そしてこの「ブレーカープロジェクト」での活動内容を見ていただきたいという思いからつくることになりました。

 

 このワークショップは、編み物を「ほどく」ことからはじまります。そしてほどいた糸をまた糸玉へともどしていきます。言葉で説明すると簡単なことですが、ほどかれた糸は、使われていた編み物の時間と記憶をつむいだ糸玉になります。ぜひ、この糸玉にふれてみてください。

 

 ここ、元・鈴木タンス店をお借りし、ブレーカープロジェクトのスタッフをはじめ、ご近所の方々や、地域のボランティアスタッフのみなさんで改装してきました。そのおかげでオープンの日を迎えられるまでになりましたが、この場所は、これからも皆さんに足を運んでいただき、いろんなおしゃべりをして時間をすごしていただくことで、より充実した場所となります。編み物を編むのと同じように、ほどいている時間も自分だけの特別な時間です。みんなで寄り合って、ひとりだけの時間をゆるやかにつなげていける場をつくっていきたいと思います。これから週に数日、この場所を開けていく予定です。少しの時間でもふらりとお立ち寄りください。お待ちしています。

 

呉夏枝(お・はぢ)


=======================================


きおく手芸館「たんす」は、地域に根ざしたスペースづくりをめざしていますが、どなたでもご覧いただけますので、オープンの日をご確認いただいて、ふらりとお立ち寄りください。


きおく手芸館「たんす」


2013年1月オープン予定

10(木),17(木),24(木),31(木)各日13時〜17時


場所:元鈴木タンス店(西成区山王1-11-5)
 [アクセス]地下鉄御堂筋線/堺筋線「動物園前」駅[2]番出口より徒歩5分
※北門通り沿い「北門交番」の4軒隣/「鈴木タンス店」の黄色い看板が目印です。

詳しい情報はこちらから→ Breaker Project site


2ヶ月ぶりのワークショップ@みどり苑

 

 

 
Photo by Kusamoto(下4枚)

「編み物をほぐす/ほどく」ワークショップは、2月からはじまり、6月までで10回。

夏の暑い2ヶ月はお休みして再び、今月からはじまりました。
回を重ねるごとに、ワークショップの参加者の顔ぶれも定着しつつあり、私を含めス
タッフも、参加者もずいぶん作業になれてきました。


ワークショップの場所を提供してくださっているみどり苑は西成区の山王地域にあり、
通天閣を目の前に、隣は日雇い労働者が多く住む地域があり、花街も隣接している。

このワークショップをとおして、参加者の方からいろんなお話しを聞く中で感じた
ことは、
地方から大阪に移り住んでこられた方が多いこと。
参加者の中で、当時飲食店を経営されていた方の話しを聞いてみると、町がとてもに
ぎわっていた様子が想像できる。

編み物をほどきながら聞く話は、どれもドラマチックで印象深い。

「編み物」と名を打っているだけあって、編み物をされている方が参加してくださり、
ある回のワークショップに参加されていた方は、編み物をほどきながら

「編み物をやっている時は時間を忘れるから旦那の帰りを待つときにちょうどいい。
だから若い人もやった方がいい。」

とさらりと言っていた。
この一文にいろんなものが含まれているな〜。と感じる。

ワークショップを始めたときは、どのように続けていけるかもわからなかったので、
とにかく数回やってみましょう。という感じではじめたのだけど、月2回くらいのペ
ースでやっていると、日課に組み込んでる方もいて、日々の生活のリズムの一つになっ
ている。


そしてつい先日、新たな動きがまた始まった。
みどり苑でのワークショップをもう少し日常化していければということで、新たなス
ペースをつくることが決まりました!


始まりは 「編み物をほどく/ほぐす」というシンプルなワークショップなんだけど、
それがきっかけとなってゆるやかな動きが生まれ、確実にいろんなものがつながって、
カタチになっていく。

このプロセスは、今、私が作品制作で試行しているアプローチの方法と同じだなと、
今このブログを書いていて気がついた。


次回のワークショップは10/10(水)です。
ワークショップでは常時サポートスタッフを募集しています。
くわしくはこちらをご覧ください。→Breaker project
「編み物をほどく/ほぐす」WS@みどり苑
 「編み物をほどく/ほぐす」WSを2月に2回開催しました。
場所はみどり苑という山王地域在宅サービスステーション
参加者は地域の方対象で現在はほとんどが中高年の方。
デイサービスにこられた方も参加してくださっています。
このWSは、単にセーターや、マフラーなど、手編みや既製品の編み物をほどき、糸玉(素材)にもどしていくというWSです。


(こちらは既製品のカーディガン)

作品をつくっていると、どのような素材をどのように入手するのかというのは大切だと日々感じます。今回のBreaker Projectでは特に、地域密着型のプロジェクトなので、いつものように素材を購入して、インスタレーションの作品をつくって設置するというのでは、何か違うと思い、どんなことができるのか、ここでしかできないことをやってみようと取り組みはじめました。

 
三色の糸を交互に編んだ手編みのマフラーをほどく。


三色(本)セットでかせに。


こちら、元は緑色の腹巻きをほどき、かせにして蒸しています。


そこでとにかく作品の素材を町から集めてみよう。という考えから始まりました。
関心があるのは「記憶」なのですが、さて、「記憶」をどのように集めるのか。
話しを聞くというのも一つ。
しかし、ただ聞き取りをするというのは、何か違う。
見知らぬ私が聞いたとしても、なかなか難しいだろうし。

そこで、考えついたのが、記憶と共にある衣服。
その中でも「編み物」に注目しました。

素材を集めつつ、いろいろお話をきけるような空間をつくれたらと思いWSをはじめました。
手を動かしながら、何気なく出てくる会話。
まだ2回目で、私も準備におわれてあっぷあっぷですが、参加者の方々からいろいろなお話を聞いています。。
WSはだいたい、何か作り方を教えてくれると思っている方が多く(当然かもしれませんが。。。)
「ただほどくだけ?で、何するん?」と言われることもあります。
そこはまだプランを考え中ということもあり、「とにかく今は、素材集めをしてるんです。」と言ってます。
そこで帰られる方もいますが、ただほどくだけの作業を楽しんで下さる方もいらっしゃいます。

作るわけではなく、ほどく作業は、ただ手を動かして話しをするのにちょうどいい作業。
以外とほどくことに夢中になることも。
参加された多くの方は、「昔やったわ。というよりやらされたわ。」と懐かしい様子。
手を動かしながらだと、会話もはずむ。
昔の話しやら、食べ物の話しやら。

まだ、到達点は見えていませんが、この過程を重ねることで見えてくること。
きっとあるんじゃないかと思っています。

次回のWSは3/1(木)
長期的に進めていくプロジェクトですので、お手伝いして下さるサポートスタッフを募集しています。
詳細は
こちら 
Breaker Project-始動!
昨年からお話をいただいていましたが、本格的にプロジェクトを始動していきます。

Breaker Project-
新世界・西成周辺を活動拠点に行われているアートプロジェクト。
 地域資源(空家や空き店舗など)を活用した創造活動拠点を創出。アーティストの制作、実験の場、また誰もがアクセス可能な共有の場づくりと、地域に根ざした表現活動の持続可能なしくみづくりに取り組みます。(Breaker Projectサイトより)

今回のプロジェクトでは、織物のワークショップを主体にしていきます。
織物のワークショップをすると、一日だと時間が足りなといつも感じます。
きっと参加してくださる方もそう思ってるんじゃないかと思います。
せっかく地元大阪でのプロジェクトなので、単発ではなく時間をかけて地域の方たちと関わりながら、生まれてくるものをカタチづくれたらと思っています。

内容はこれから徐々に方向性を見つけていくつもりです。
まさに実験的。

まずは、「セーターをほどく」というワークショップをします。
といっても解くだけなんですけど。
解いたものを今後の織物の材料にする予定です。

セーターをほどきながら、そこに染み付いた記憶をほどいていく、その糸からまた織物をつくって「今」を織込んでいく。その時間の積み重ねはまたあらたな記憶へと繋がっていく。

そんなイメージです。
さて、どうなっていくのか。
私も楽しみです。